大腿筋を鍛える

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

大腿四頭筋を鍛える

太もも(大腿部)の前側には
大腿四頭筋という筋肉群が
あります。

これは
膝を伸ばす
ための筋肉でもあると言う
ことですが…

この大腿四頭筋が
衰えてくると

歩けなくなる
とも言われています。

一方で
歩くことに
一苦労していた方が

大腿四頭筋を
鍛えることで

歩くことが
苦痛でなくなった

という報告も
たくさんあるようです。

今は若く
まったく心配ないと
思っている方も

将来
歩けなく
ならないためにも

今からしっかり
大腿四頭筋を
鍛えておくことが
大切です。

ウォーキングは
腰から下の
筋肉すべてを使います。

なので
ウォーキングを行うことで
大腿四頭筋を
鍛えることも出来ますが…

ウォーキングの
補助運動として

将来の貯筋として

ウォーキングとあわせて…

スクワットを少しの回数でもいいので

毎日継続して行うことを習慣にしたいものです。

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

ウォーキングによるエネルギー消費量

歩行スピードと
エネルギー消費量の関係を
見ると

普通の歩き方
(1分間に75m進む)
による運動だと

90分

速歩
(1分間に90m進む)
だと
による運動だと

1時間
行うと

300kcal消費する
(体重60kgの方の場合で目安)

と言われています。

(体重が重い方ほど
エネルギー消費量は
多くなります。)

そこで
300kcal
に相当する食品
と言うと

大体
ショートケーキ1個
だそうです。

つまり
体重を減らす目的で
普通のスピードで
1時間歩いたとしても

ショートケーキ1個分の
エネルギー消費量にも
ならないということです。

では
消費しない分はどこに
いくかと言うと

しっかり
脂肪分として蓄積される
ということですね。

要するに
体重を減らす目的で
運動する場合は

食品のカロリーを
頭に入れて
食事を取らないと

せっかく運動しても

運動して消費する
エネルギーを超える
カロリーの食品を
食べていては

体重を減らすことには
つながらないということです。

ですから
体重を減らす目的で
ウォーキングしてる方は

食事制限が
重要なポイントである
ということと

少しきつく感じる
速歩
を取り入れることですね。

また
ウォーキングの特徴は

ランニングなどよりも
足や膝に負担が少ない
安全な運動だということです。

そして
同じ時間
同じスピードで
運動するなら

走る
(スロージョギング)
よりも

速く歩く方が
足や膝の関節を
傷めずに

エネルギーを
消費する
とも言えると思います。

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

インターバル速歩

ウォーキングの中には
「速歩」
があります。

要するに
速く歩く
ことですが…

その
「速歩」
の一種で

「インターバル速歩」
というものがあります。

「インターバル速歩は、
速歩きとゆっくり歩きを
数分間ずつ交互に
繰り返す運動です。」
http://www.jtrc.or.jp/sokuho/index.html

もう少し詳しく言うと


「インターバル速歩」は

特に
持久力
大腿筋
(ふとものの筋肉)
の上昇

にも効果的だと
言われています。

是非↑アクセスして
参考にしてみて下さい。

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

速く歩くためには…

走るスピードを上げるためには

ストライド(歩幅)を大きくする
(ストライド走法)か

ピッチを上げる
(足を速く動かす
ピッチ走法)か

のどちらかという話を
聞いたことがあると思います。

それでは
速く歩くために
同じようにできるか
と言うと…

必ずどちらかの足が
地面についているのが
ウォーキングなので…

無理やり
歩幅を大きくしようとすると…

バランスを崩したり

思うように
スピードは上がらなかったり
するかもしれません。

それでは

ウォーキングで
無理なく
スピードを上げるためには
どうしたらいいかと言うと

歩幅を
大きくしようとするのではなく

むしろ
腕を振るスピードを
上げることです。

腕を振るスピードを
上げることで

自然に
歩幅も大きくなり

速く歩くことにもつながります。

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

プロフィール

tcafee

Author:tcafee
FC2ブログへようこそ!
健康運動実践指導者、ウォーキングインストラクター、アシスタントカラーコーデネーターのタカフィーです。
大学では、心理学を学び、他には、衛生管理者試験にも合格。
ブログを通して「心と体の健康」について考えてもらうきっかけになれたらと思っています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新コメント