年齢を重ねて…ウォーキング

お年寄りの
歩き方の特徴として

一般的には
歩幅(ストライド長)が
狭いこと

膝を伸ばさずに
少し膝を曲げた状態で
すり足気味に
歩くということについて

昨日の
「お年寄りウォッチング」
の記事で触れました。

その他にも
歩幅(ストライド長)が
狭くなるのに加え

歩隔
(ステップ幅
左右の足の間隔)が

中心線より
離れていく歩き方に
なります。

赤ちゃんの歩き方を
想像してみて下さい。

赤ちゃんは
左右の足の間隔(横幅)が
広く

前への足の運び(歩幅)が
狭いという
特徴がありますよね。

つまり
年齢を重ねる
(加齢)とともに

赤ちゃんの歩き方に
戻ってしまうのです。

それは加齢とともに
筋力が衰え
バランス感覚が衰えてくるため

転倒を防ごうと

歩幅を狭く
歩隔を広く

取るようになるためと
思われます。

そのことで
転倒しなければ
いいのですが…

歩幅を狭く
歩隔を広く取るだけでは

筋力やバランス感覚の衰えを
補えなくなくなります。

そうならないためにも

普段から
歩幅を広く
歩隔を狭く

一本の線上を歩くよう
心がけましょう。

そして
ウォーキングなど
適度な運動の継続により

筋力とバランス感覚の
維持・アップを
目指して

年を重ねても
健康的な歩き方が
出来るよう頑張りましょう。

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

お年寄りウォッチング

お年寄りの
歩き方を見てると

一般的には
歩幅が狭いこと

膝を伸ばさずに
少し膝を曲げた状態で
すり足気味に

歩いているように
見えます。

実際には

膝を伸ばす
役割を持つとされる筋肉
(大腿四頭筋 太ももの前側)

足先を上げる
役割を持つとされる筋肉
(前脛骨筋 向こうずね)

太ももを上げる
役割を持つとされる筋肉
(背骨と両足をつなぐ 大腰筋)
などが

年を重ねて
お年を召してくると

弱ってくるため

膝を伸ばすことや
歩幅を広く取ることが

難しくなると
言われています。

このことで
つまずきや転倒などにより

ケガを
起こしやすくなります。

逆に言えば

これらの筋肉を
鍛え続けることで

ケガを防ぐことが
できるだけでなく

いつまでも
自分の足で
歩くことが
出来ると思います。

ただ
筋力アップは

数日、数回行っただけで
出来るものではありません。

やはり
継続が大きなポイントです。

若い時から
これらの筋肉を

継続して
鍛えておくことが
大切です。

そして

これらの筋肉を

無理なく
気軽に
鍛えられるのが

ウォーキングなので

是非
若い時から

ウォーキングの習慣が
つけられるといいですね。

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

5本指靴下を履いてみよう!

5本指靴下の特徴は

足指1本1本を
自由に動かせる
ことができることです。

このことによる効果として

①血液循環が良くなる
→冷え性にも効果がある

②足指でしっかりと
床面をとらえることが
できる

→正しい姿勢を
保つことができる

→腰の安定や
肩こりの緩和にも役立つ

→転倒や捻挫の防止にもなる

③足のムレの解消や
臭いの防止にも役立つ

などのほか

足の指のツボを
刺激することとなるため

胃腸の働きが活発になる
効果もあるとも言われています。

ただし

たまに履くより
継続して毎日履くこと

が大切とも言われています。

確かに

一般的な靴下よりも
5本指靴下の方が

5本の指が
自由に使えることで

しっかりと床面を
とらえやすいことは
間違いないと思います。

普段から
かかとに重心が
かかりやすい方にとっては

重心の位置を
見直すきっかけにも
なるかもしれません。

という私も今では
5本指靴下の愛用者です。

履き初めは
かなり抵抗が
あるかもしれませんが

慣れれば
(周囲の目を気にしなくなれば)
何てことはありません。

また
出初めの頃と違って

機能性だけでなく
ファッション性もある
いろんな靴下も
出てきてるようですし

女性の(隠れ?)愛用者も
たくさんいらっしゃる
ようです。

ウォーキングするとき
自宅にいるときから
始めてもいいかもしれません。

是非
数週間試してみて下さい。

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

足指感覚を磨く

みなさん、手指は物をつかんだり、押さえたり、手の指や指の腹も有効に、意識的に使っていると思います。

それでは、足の指はどうでしょうか?

おそらく、あまり使っているという感覚はないのではないでしょうか?

ところが、足の指もウォーキングではとても重要な意味を持っています。

ウォーキングを安定させるためには
かかと、親指、小指の三角形が
意識できるかによります。

この三角形が意識できるようになると、
体重をしっかり乗せた上で、
安定した、美しいフォームで歩けるようになります。

歩くとき、
かかとから踏み出し、
体重が親指、人差し指…小指と
足裏がローリングしながら
重心が移動していきます。

この時、
一つ一つの指を意識すると、
歩き方がぎごちなくなるので、

かかと、親指、小指の3点を
意識して体重を乗せて
歩く習慣を身につけましょう。

この三角形の中心の足の甲に
膝裏をしっかり伸ばした状態で
膝が乗るようになると

歩いて膝を傷めることもなく
歩くフォームが安定してきます。

そしてさらに
この足の指先の動きを滑らかにする
ためにおすすめなのが、

タオルをたぐり寄せるトレーニングです。

やり方は
一本のタオルを用意し、

椅子やソファなどに
腰をかけた状態で、

用意したタオルを
足指だけで

手前から
たぐり寄せていきます。

最初は意外に難しく、
なかなか
たぐり寄せられないかもしれませんが、
そのうち、できるようになります。

但し、できないからと言って
やり過ぎると、
足の披露が蓄積されるので、

まずは一本、そして二本と
徐々に増やしていき、
けっして無理しないように
して下さい。

少しずつでもいいので、
継続することから始めましょう。

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

意識して歩くシリーズ(筋肉)

たとえば
かかとから
踏み出すのように

どう動かすかを
考えながら

ウォーキングする
ことはあっても

筋肉が
どう動いているか

どのように働き
それが

どのような動きに
つながっているのかを

考えて

ウォーキングしている方は
少ないと思います。

筋肉の
つながりを感じて

ウォーキングできるように
なれば

素晴らしいこととは
思いますが

少なくとも
一つ一つの
筋肉の動きを

意識して
ウォーキングする
ことは

それほど
難しいことでは
ないと思います。

たとえば
同じ大腿筋でも

太ももの
前側(大腿四頭筋)に

意識を集中して
ウォーキングしてみる。

今度は
後ろ側(ハムストリングス)

さらに
膝下のふくらはぎ

というように

意識する筋肉群を
変えてみる。

それらの意識を

モデルウォーキングように
足を交差してみたり

バックウォーキング
してみたり

歩き方に
バリエーションを
つけて

行ってみる。

また

膝を
伸ばしたとき
曲げたとき
のように

動きによって
どの筋肉が

働いているかを
感じてみるなど…

同じ
ウォーキング
するにしても

筋肉の
動き
働きに

注目して
行ってみると

結構楽しいと思いますよ。

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

プロフィール

tcafee

Author:tcafee
FC2ブログへようこそ!
健康運動実践指導者、ウォーキングインストラクター、アシスタントカラーコーデネーターのタカフィーです。
大学では、心理学を学び、他には、衛生管理者試験にも合格。
ブログを通して「心と体の健康」について考えてもらうきっかけになれたらと思っています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新コメント