お年寄りウォッチング

お年寄りの
歩き方を見てると

一般的には
歩幅が狭いこと

膝を伸ばさずに
少し膝を曲げた状態で
すり足気味に

歩いているように
見えます。

実際には

膝を伸ばす
役割を持つとされる筋肉
(大腿四頭筋 太ももの前側)

足先を上げる
役割を持つとされる筋肉
(前脛骨筋 向こうずね)

太ももを上げる
役割を持つとされる筋肉
(背骨と両足をつなぐ 大腰筋)
などが

年を重ねて
お年を召してくると

弱ってくるため

膝を伸ばすことや
歩幅を広く取ることが

難しくなると
言われています。

このことで
つまずきや転倒などにより

ケガを
起こしやすくなります。

逆に言えば

これらの筋肉を
鍛え続けることで

ケガを防ぐことが
できるだけでなく

いつまでも
自分の足で
歩くことが
出来ると思います。

ただ
筋力アップは

数日、数回行っただけで
出来るものではありません。

やはり
継続が大きなポイントです。

若い時から
これらの筋肉を

継続して
鍛えておくことが
大切です。

そして

これらの筋肉を

無理なく
気軽に
鍛えられるのが

ウォーキングなので

是非
若い時から

ウォーキングの習慣が
つけられるといいですね。

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tcafee

Author:tcafee
FC2ブログへようこそ!
健康運動実践指導者、ウォーキングインストラクター、アシスタントカラーコーデネーターのタカフィーです。
大学では、心理学を学び、他には、衛生管理者試験にも合格。
ブログを通して「心と体の健康」について考えてもらうきっかけになれたらと思っています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新コメント