足指感覚を磨く

みなさん、手指は物をつかんだり、押さえたり、手の指や指の腹も有効に、意識的に使っていると思います。

それでは、足の指はどうでしょうか?

おそらく、あまり使っているという感覚はないのではないでしょうか?

ところが、足の指もウォーキングではとても重要な意味を持っています。

ウォーキングを安定させるためには
かかと、親指、小指の三角形が
意識できるかによります。

この三角形が意識できるようになると、
体重をしっかり乗せた上で、
安定した、美しいフォームで歩けるようになります。

歩くとき、
かかとから踏み出し、
体重が親指、人差し指…小指と
足裏がローリングしながら
重心が移動していきます。

この時、
一つ一つの指を意識すると、
歩き方がぎごちなくなるので、

かかと、親指、小指の3点を
意識して体重を乗せて
歩く習慣を身につけましょう。

この三角形の中心の足の甲に
膝裏をしっかり伸ばした状態で
膝が乗るようになると

歩いて膝を傷めることもなく
歩くフォームが安定してきます。

そしてさらに
この足の指先の動きを滑らかにする
ためにおすすめなのが、

タオルをたぐり寄せるトレーニングです。

やり方は
一本のタオルを用意し、

椅子やソファなどに
腰をかけた状態で、

用意したタオルを
足指だけで

手前から
たぐり寄せていきます。

最初は意外に難しく、
なかなか
たぐり寄せられないかもしれませんが、
そのうち、できるようになります。

但し、できないからと言って
やり過ぎると、
足の披露が蓄積されるので、

まずは一本、そして二本と
徐々に増やしていき、
けっして無理しないように
して下さい。

少しずつでもいいので、
継続することから始めましょう。

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tcafee

Author:tcafee
FC2ブログへようこそ!
健康運動実践指導者、ウォーキングインストラクター、アシスタントカラーコーデネーターのタカフィーです。
大学では、心理学を学び、他には、衛生管理者試験にも合格。
ブログを通して「心と体の健康」について考えてもらうきっかけになれたらと思っています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新コメント