雪みちの歩き方

関東では4年ぶりの大雪だそうです。

慣れない雪みちを歩くと、転びやすくなります。

普段の歩き方ではない、雪みちの歩き方をしなければなりません。

大切なことは、

まず、①歩幅を小さくすること

次に、②靴の裏全体で道を踏みながら(足裏全体で圧を感じるように)歩くこと

→かかとから踏み出さない(垂直に足を置く感じ)

→やや重心を前におく(気持ち上体を前に)
→重心がどこにあるか意識する

また、③地面から足を上げすぎず、少し足を浮かせる程度に歩くこと(ペンギン歩き)

→足は垂直に少し上げ、垂直に下ろす

さらに、④マンホールや側溝のふた、横断歩道の白線などはとても滑りやすいので、できれば避けて歩くこと

→避けられない場合は滑るかもしれないということを意識して、特に慎重に、ゆっくり歩くこと(危険予知)

他には、滑りにくい靴を履くこと
→靴底に取り付けるタイプのゴムマットを履く

できれば、両手がフリーとなるよう、できるだけ荷物は持たないこと

時間にゆとりを持って行動しましょう

テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報 - ジャンル : ライフ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tcafee

Author:tcafee
FC2ブログへようこそ!
健康運動実践指導者、ウォーキングインストラクター、アシスタントカラーコーデネーターのタカフィーです。
大学では、心理学を学び、他には、衛生管理者試験にも合格。
ブログを通して「心と体の健康」について考えてもらうきっかけになれたらと思っています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新コメント