意識して歩くシリーズ(歩幅を拡げる)

足腰が弱ってくると
自然と歩幅がせまくなってきます。

それは
片方の足だけで
体を支える時間が
短くなるから
歩幅がせまくなるとも言えます。

そうなると
つまずいたり
転んだりしやすくもなり

ケガの原因にもなります。

ケガの防止だけでなく、
健康的に美しく歩くためにも

少しずつでも
歩幅を拡げるように心がけましょう。

さて、
歩幅を拡げるためには

しっかり後ろ足の

親指で
蹴り出すことが
重要です。

そうしないと
歩幅を
拡げようとするあまり

身体のバランスが
崩れ

足裏を伸ばした
前足の

かかとからの
踏み出しも
中途半端になったり

前に行こうとする
気持ちばかりが
あせり

姿勢も悪くなります。

頭から


足の

身体のラインが
直線ではなく

お尻だけが
後ろに出た

くの字に
なったり
するかもしれません。

後ろ足

親指の
蹴り出しを
しっかり行い

かかとから
踏み出した
前足に

しっかりと
体重を乗せ

頭から足までの
直線のラインを

しっかり作って

次の一歩に
つなげるように
しましょう。

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tcafee

Author:tcafee
FC2ブログへようこそ!
健康運動実践指導者、ウォーキングインストラクター、アシスタントカラーコーデネーターのタカフィーです。
大学では、心理学を学び、他には、衛生管理者試験にも合格。
ブログを通して「心と体の健康」について考えてもらうきっかけになれたらと思っています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新コメント