意識して歩くシリーズ(足裏感覚)

歩いてて
足の裏が
接地するところと言えば

①かかと
②足の真ん中より外側のライン
③足指の付け根
そして
④足指

すなわち
足あとが
付くところですね。

実は
ウォーキングで
かかとから踏み出すと

重心の移動は
上の4ヶ所

かかと
→やや足の中央外側
→小指の付け根
→親指の付け根
→親指
のように
足の裏が
接地するところから
順に移動するように
できてます。

これを「足裏ローリング」
と呼ばれたりしていますが

この重心移動を
しっかり行うためには

足の裏で
地面をつかむような

感覚を磨くことが
大切になってきます。

そして
足の裏の
筋肉をつけること
も大事なポイントです。

手っ取り早いのが
どんなところでも
裸足で過ごす
ということですが

そういうわけにも
いきませんよね~。

そのための
エクササイズを紹介します。

タオルを
一本用意して下さい。

姿勢を正して
椅子に座り

用意したタオルを広げ

タオルの上に
どちらか片足を置きます。

片足ずつ
足の指だけ
を使って
タオルをたぐり寄せます。

このエクササイズで
足裏の
感覚の磨きと
筋肉アップが
同時にできるとされています。

毎日
左右両方とも
3回ぐらいずつ

ただし
無理に
たぐり寄せようとすると

普段使っていない筋肉を
鍛えることにもなるので

ふくらはぎが
つったり
筋肉を傷めてもいけません。

無理せず
まずは一回やってみて
痛みもなく
できそうだったら
もう一回やってみることから
始めるといいでしょう。

少しずつ足裏感覚を
磨いていって下さい。

すると
つま先で蹴り出すときに

しっかり重心が乗せられる
ようになったりするので

今まで
頭ではわかってても
できなかった
美しいフォームに

また
一歩近づくことになりますよ。

お互い頑張りましょう。

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tcafee

Author:tcafee
FC2ブログへようこそ!
健康運動実践指導者、ウォーキングインストラクター、アシスタントカラーコーデネーターのタカフィーです。
大学では、心理学を学び、他には、衛生管理者試験にも合格。
ブログを通して「心と体の健康」について考えてもらうきっかけになれたらと思っています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新コメント