FC2ブログ

意識して歩くシリーズ(リズムとタイミング)

昨日
パッと見て
『いいなぁ』
と思える歩き方とは

膝や肘の曲がり具合
とかのような
歩くときの容(かたち)
ではなくて

歩くリズムではないか

そして
このリズムは

「腕の振り」
とも関係してくる
という話をしました。

これは現時点での
考察なので

後々
さらに検証して
修正(更新)していきたい
と思っています。

パッと見て
私が
『いいなぁ』
と感じた歩き方の
共通していたこととは

①腕(右)を
後ろに
振り出し
(引いて)

その後
少し②「間」
があって

後ろに引いた手と

③反対側の足(左)が
踏み出され

④前に踏み出された足と
反対側の手(右)が

振り出される
ということです。

この「間」
(タイミングのズレ)


ウォーキングの
落ち着きとゆとりを
産み出し

それが

『いいなぁ』

と感じさせる
要因になっているのではないか
と考えました。

たいていの方は

まず
①前に
足(左)が出て

②それと同時くらいか
少し遅れて
前に手(右)が出ています。

つまり
①前に足
次に
②前に手
という「前」のリズムです。

これに対し
『いいなぁ』
と思えるリズムは

①後ろに手 を振り出し(引き)
②「間」 があって
③前に足 を踏み出し
④前に手 を振り出す
という順です。

そして
この「間」は

後ろ足に
しっかり重心を残すことで
生まれる「間」であり

別の見方をすると
後ろ足の
「タメ」や

足を前に踏み出すタイミングの
「ズレ」

のことですが

この「間」
「タメ」
「ズレ」
が大切なポイントだと思うのです。

その意味で
「後ろ」のリズム
と言えます。

ですから
「前」より
「後ろ」を
意識すると

「間」や「タメ」が
「ゆとり」を産み
「美」が導き出される

のではないか
というものです。

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tcafee

Author:tcafee
FC2ブログへようこそ!
健康運動実践指導者、ウォーキングインストラクター、アシスタントカラーコーデネーターのタカフィーです。
大学では、心理学を学び、他には、衛生管理者試験にも合格。
ブログを通して「心と体の健康」について考えてもらうきっかけになれたらと思っています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新コメント