FC2ブログ

意識して歩くシリーズ(腕振り加減)

以前に
ウォーキングにとっては
腕の振り方

特に
前より
後ろへの振り出し
(引き)が

重要ですという記事を
投稿しました。

ところが
街中で
ウォーキングされているみなさんの
歩き方を見ていると

この後ろへの振り出しが

出来ていない方が
結構いらっしゃいます。

たいていの方は
前へ振り出す
動作の方が大きく

中には
ほとんど
後ろへの振り出しを
されてない方

肘を直角に曲げ
体の前で
腕を交差するように

腕を振っている方なども

いらっしゃいます。

ただ
前より後ろが
重要だと言っても

では
どの程度
後ろへ
振り出せばいいか
(引けばいいか)
というと…

後ろに腕を
振り出したときに

肩甲骨が
浮き出たと

感じとれるくらいを
目安にすると
いいでしょう。

そうならないと
まだ振り出し方が
足りないと思った方が
よいと思います。

これは
肘を曲げないで
振る場合も

肘を曲げて
振る場合も

どちらでも
同じです。

この肩甲骨が
浮き出るくらい
振り出すと

自然に
反対側の手の
前への振り出しも
大きくなり

お腹のひねりも
出て

お腹の
シェイプアップにも
つながります。

また
歩幅も自然と
大きく取れるようにも
なれると思いますよ。

是非、やってみてください。

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tcafee

Author:tcafee
FC2ブログへようこそ!
健康運動実践指導者、ウォーキングインストラクター、アシスタントカラーコーデネーターのタカフィーです。
大学では、心理学を学び、他には、衛生管理者試験にも合格。
ブログを通して「心と体の健康」について考えてもらうきっかけになれたらと思っています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新コメント