意識して歩くシリーズ(リズムとタイミング)

昨日
パッと見て
『いいなぁ』
と思える歩き方とは

膝や肘の曲がり具合
とかのような
歩くときの容(かたち)
ではなくて

歩くリズムではないか

そして
このリズムは

「腕の振り」
とも関係してくる
という話をしました。

これは現時点での
考察なので

後々
さらに検証して
修正(更新)していきたい
と思っています。

パッと見て
私が
『いいなぁ』
と感じた歩き方の
共通していたこととは

①腕(右)を
後ろに
振り出し
(引いて)

その後
少し②「間」
があって

後ろに引いた手と

③反対側の足(左)が
踏み出され

④前に踏み出された足と
反対側の手(右)が

振り出される
ということです。

この「間」
(タイミングのズレ)


ウォーキングの
落ち着きとゆとりを
産み出し

それが

『いいなぁ』

と感じさせる
要因になっているのではないか
と考えました。

たいていの方は

まず
①前に
足(左)が出て

②それと同時くらいか
少し遅れて
前に手(右)が出ています。

つまり
①前に足
次に
②前に手
という「前」のリズムです。

これに対し
『いいなぁ』
と思えるリズムは

①後ろに手 を振り出し(引き)
②「間」 があって
③前に足 を踏み出し
④前に手 を振り出す
という順です。

そして
この「間」は

後ろ足に
しっかり重心を残すことで
生まれる「間」であり

別の見方をすると
後ろ足の
「タメ」や

足を前に踏み出すタイミングの
「ズレ」

のことですが

この「間」
「タメ」
「ズレ」
が大切なポイントだと思うのです。

その意味で
「後ろ」のリズム
と言えます。

ですから
「前」より
「後ろ」を
意識すると

「間」や「タメ」が
「ゆとり」を産み
「美」が導き出される

のではないか
というものです。

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

意識して歩くシリーズ(腕振り加減)

以前に
ウォーキングにとっては
腕の振り方

特に
前より
後ろへの振り出し
(引き)が

重要ですという記事を
投稿しました。

ところが
街中で
ウォーキングされているみなさんの
歩き方を見ていると

この後ろへの振り出しが

出来ていない方が
結構いらっしゃいます。

たいていの方は
前へ振り出す
動作の方が大きく

中には
ほとんど
後ろへの振り出しを
されてない方

肘を直角に曲げ
体の前で
腕を交差するように

腕を振っている方なども

いらっしゃいます。

ただ
前より後ろが
重要だと言っても

では
どの程度
後ろへ
振り出せばいいか
(引けばいいか)
というと…

後ろに腕を
振り出したときに

肩甲骨が
浮き出たと

感じとれるくらいを
目安にすると
いいでしょう。

そうならないと
まだ振り出し方が
足りないと思った方が
よいと思います。

これは
肘を曲げないで
振る場合も

肘を曲げて
振る場合も

どちらでも
同じです。

この肩甲骨が
浮き出るくらい
振り出すと

自然に
反対側の手の
前への振り出しも
大きくなり

お腹のひねりも
出て

お腹の
シェイプアップにも
つながります。

また
歩幅も自然と
大きく取れるようにも
なれると思いますよ。

是非、やってみてください。

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

ウォーキングウォッチング

街に出て

行き交う時や

公園や百貨店のベンチなどで

怪しまれないように(笑)
何気なく歩き方を
注目したり、
観察することがあります。

一番目につくのが
「腕の振り」
です。

パッと見て
『いいなぁ』
と感じる歩き方の
特徴とは何か

について
注目してみました。

まず
「腕の振り」

たいてい
歩く方の
「腕の振り」


「後ろ」に
振り出す(引く)より

断然
「前」に
振り出しています。

中には
全く「後ろ」には
振り出さられていない方

体の前だけで
腕を振る方も
いらっしゃいます。

次に
「歩くリズム」


パッと見て
『いいなぁ』
と思える歩き方は

膝や肘の曲がり具合
とかのような
歩くときの容(かたち)
ではなくて

歩くリズムではないかと
感じました。

このリズムは
「腕の振り」
とも関係してきます。

このことについては
後日改めて
記事にしたいと思います。

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

歩くこと

自分の足で

自分の意思で

好きな時に
いつでも

どこでも
どこへでも

歩いて行ける

これはたいていの人には
当たり前のことでも

それができるのは
健康だからこそとも言えます。

歩くことは

たいていの人にとっては
単に「移動のための手段」
と考えているかもしれません。

ところが…

歩くことは
「移動のための手段」だけではなく

「健康で生きるための手段」とも言えます。


2016年の日本人の平均寿命は

厚生労働省の調査(簡易生命表)によると…

女性が87.14歳、
男性は80.98歳で、

いずれも過去最高を更新したそうです。

ところが…

厚生労働省は
平均寿命とは別に

健康な日常生活が送れる期間を示す
「健康寿命」も算出しています。

「健康寿命」とは…
もっと詳しく説明すると

日常的・継続的な医療・介護に依存しないで
自分の心身で生命維持し
自立した生活ができる生存期間
のことです。

この統計(2013年)によると…
女性が74.21歳、
男性が71.19歳となっています。


2016年と2013年の統計年の違いはありますが、「平均寿命」と「健康寿命」の差が…

何と…
女性で12.93年
男性で9.79年
もあります。

この健康寿命を伸ばすことが
自分や家族にとっても

大事なことです。

そのための
「健康で生きるための」
ウォーキングとの考えると…

ただ歩くのではなく…

日常の中で
健康的に歩く習慣を持つことが

重要な意味を持ってくると言えます。

いつでも
どこでも
誰でも
少しの時間でもできる

ウォーキングの質を高めるために
このブログの記事が
お役に立てたらと

心より思っています。









テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

豊かな心~幸せな心

「豊かになりたい」と思うより
「既に豊かだ」と思うこと

「幸せになりたい」と思うより
「私は幸せだ」と思うこと

一方で「生きている」と思うより
「生かされている」と思えるということは
そこに「感謝の心」が育まれていると思う

幸福感で満たされてくると…

道行く人びとにも「ありがとう」
仕事してる人にも「ありがとう」
道端に咲く花にも「ありがとう」

「ありがとう」の心が
「豊かな心」へ

「豊かな心」が
「幸せな心」へ

幸せを引き寄せ
幸せが循環し
幸せの持続につながる

テーマ : 幸せに生きる - ジャンル : 心と身体

持続する幸せ


先日、
それまで落ち込んでいたのに…
宝くじの高額当選のように
想定外の大金が入るとわかっただけで

さっきまでの落ち込みは
何だったんだろうって思うくらい
幸せ感の絶頂になる

というお話しました。

そこから
『幸せって何だろう??』
という話に発展しましたが…

一つわかったことがあります。

その幸せは
ひとときの幸せにしかならないということ

苦労なく、努力もなく
一瞬でつかんだ

あるいは転がり込んできた

『幸せ』は

一瞬にして
もろくも崩れ去ってしまうということ

目指す『幸せ』というのは

持続する『幸せ』であり

それは物の豊かさや
一時的な心の高まりなどではなく

心の豊かさや心の平安が
あってこその
『幸せ』というものではないでしょうか?

テーマ : 幸せに生きる - ジャンル : 心と身体

感謝の心~ありがとうの心が未来を輝かせる~

清水英雄さんの
『ありがとう』の詩です。

「辛いことがおこると感謝するんです
これでまた強くなれると
ありがとう

悲しいことがおこると感謝するんです
これで人の悲しみがよくわかると
ありがとう

ピンチになると感謝するんです
これでもっと逞しくなれると
ありがとう

辛いことも悲しいことも
ピンチものりこえて
生きることが人生だと
いいきかせるのです
自分自身に

そうすると
ふっと楽になって楽しくなって
人生がとても光り輝いてくるんです

ピンチはチャンスだ!
人生はドラマだ
人生がとてもすてきにすばらしく
よりいっそう光り輝きだすんです

ますます光り輝く人生を
ありがとう の 心と共に」

ありがとうの心が
見方や考え方を変え、
行いを変え

幸せを引き寄せる

テーマ : 幸せに生きる - ジャンル : 心と身体

幸せって何だろう⁉

落ち込んだとき

何もかもがうまくいかないとき

そんなときでも

思わぬ収入が入ると…
嫌なことが降っとんで…
元気になります。

これって何だろう⁉

幸せって何だろうと思いませんか??

『幸せはお金では買えない』という人もいて

『お金でつかんだ幸せは
お金がなくなれば失ってしまう』
という意味ではそのとおりだと思います。

しかし
どんなに辛い時でも

極端だけど…
例えば、
宝くじで1億円当選したことが
わかっただけで

さっきまでの落ち込みは何だったんだろう
って思うくらい

幸せ感の絶頂になる
と思うのは私だけではないはずです。

ただ、
そんなことはめったにない
一生に一度もないかもしれません。

では落ち込んだ時
辛い時に

どうしたらいいかと考えると…

『宝くじで1億円当選したことがわかった』

として

その悩みが解決できると思えるのなら

その悩みを解決する方法は
他にあるのではないか?

その悩みが人間関係であったり
自分の能力であったり
置かれた環境のせいだったり

自分以外の何かではなく

自分の心の思いと見方や考え方に
あるのかもしれない。

他人の心や行いを変えること
自分の置かれた環境を変えること

自分の能力を何もしないで
飛躍的に上げること

過去を変えること

などは
できないけれど…

自分の思いや
見方、考え方は
変えられる。

自分の思いや見方、考え方を変えることで
自分の行動を変えられる。

その考えができたなら
自分の未来は
変えられるかもしれない

そう思えたとしたら

自分の未来に希望が持てるのではないか。

自分の未来に希望が持てたとしたら

生きる力がわいてきて

心が前向きになり
元気になれるのではないか。

今日はそんなことを考えてみました。


テーマ : 幸せに生きる - ジャンル : 心と身体

他人(ひと)の幸せを願う


私の場合、
最近、元気ないなぁ~
調子悪いなぁ~

と思っていることが多くなっているときは

たいてい、他人(ひと)に対して
○○すべきだと裁いたり
○○してほしいと求めている

その思いが成就することなどなく

結果的にストレスを産み
心は重く
不幸感覚が増すことにもなる

一方、
他人(ひと)の幸せを願っているときの
心は軽く

他人(ひと)に対する
感謝の思いは

自分がいろんな所で
いろんな場面で

いろんな人に
支えられていることを気づかせてくれる

満ち足りた心

他人(ひと)に求めない心は

他人(ひと)を引き寄せ

不平不満や他人(ひと)から
何かを奪おうとする心は

他人(ひと)を遠ざける

他人(ひと)の幸せを願う心は

回り回って
自分の幸せにもつながり

その幸せが他人(ひと)を幸せにする

辛い、悲しいときこそ
他人(ひと)の幸せを願い

他人(ひと)のために祈ろう

他人(ひと)の幸せを願う姿
他人(ひと)のために祈る姿は

とても美しく
輝いている


テーマ : 幸せに生きる - ジャンル : 心と身体

ウォーキングの楽しみ方

ウォーキングと一口で言っても

いろんな楽しみ方があります。

例えば、

iPod(音楽)を聴きながらの
エンジョイウォーキングや

考え事をしながらの
瞑想ウォーキング

出来事を振り返りながらの
反省ウォーキング

企画、立案や
人前での話す内容を練る
ワーキングウォーキング

ウォーキングフォームを
チェックしながらの

チェックウォーキング

ただひたすら
歩くだけの

ウォーキングウォーキング??
などなど

私が勝手に名付けてみた?

もしかしたら
どなたかも
使っていたらすいません。

それぞれウォーカーの
目的や楽しみ方があって
いいと思います。

ただ健康を考えたり
運動効率を
上げるためには

正しい歩き方を
会得することが
とても大切です。

それよりも大切なことは継続です。

そのためにも

ウォーキングを楽しむことです。

いろんなウォーキング、
自分なりのウォーキングを
見つけてみるのもいいでしょう。

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

意識して歩くシリーズ(目線)

ウォーキングにとって
目線をどこに置くかも
大事なことです。

私的には

10mから15m先に
目線を置いて
歩いています。

目線をどこに置くかが
歩く姿勢にも関わってきます。

目線が
遠くにあるということは

アゴが上がってる可能性が
ありますし

目線が
近くにあるということは

アゴを引きすぎてるという
ことかもしれません。

断定的でないのは

まぶただけ動かしてることも
考えられたりするからです。

もちろん
タイムを測ったり

誰かと競ったり
してるわけではないと
思うので

10mから15m先の
一点に固定する
必要もありません。

ただ
この目線

実は
姿勢だけでなく
呼吸にも
関わってきたりします。

目線を
10mから15m先に
据えることで

気道が確保されて

呼吸もしやすくなるとも
言われています。

是非
目線を

5m
10m
15m
20m
といろいろ変えてみて

姿勢や呼吸が
どのように変わるか

試してみて下さい。

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

意識して歩くシリーズ(腕振り)

ウォーキングにとっては
腕の振り方も重要です。

ただ
何のために歩くか
何を重視するかで

腕の振り方も変わってきます。

美しく歩くことが
第一で
健康的に歩くことが
第二の方にとっての

腕振りは

まっすぐ後ろに振って
自然に前へ

もっと言うと
手を開いて

腕を180度
伸ばした状態で

まっすぐ
後ろに引き

その反動で
自然に曲がった状態で
まっすぐ前へ
腕を振ること

が基本だろうと思います。

これに対して

体力づくりや
体脂肪の燃焼
ダイエットなどを
目的とする方にとっての

腕振りは

腕の角度を
90度より少し
きつい角度
(80度程度)

に曲げて
行います。

まず
腕を

両脇に
下ろします。

そこから
手を軽く握り

肘を曲げて

握った両手の拳を

胸の前に
持ってきて
合わせます。

そこが
腕を前に
振ったときの
位置と覚えてください。

そして
腕というより
肘を
しっかり後ろに引く
ことが大事です。

次に
腕の角度を保ったまま
胸のまん中辺り

先ほど
覚えておいて下さいと言った
位置まで
腕を戻します。

腕を後ろに引くのとは
逆に

引いた腕とは反対側の
腰の側面が
前に出ることによって

お腹のひねりが
より生じることになり

力強さだけでなく
腹筋を鍛え

お腹回りの
引き締めにもなります。

エレガントに
美しく歩きたい方は

腕を伸ばして
まっすぐ
後ろに引き

自然に
腕を前に振ること
がポイントであり

体力づくりや
ダイエット志向の方は

腕に角度を付けて
肘を
後ろに強く引くことが
ポイントとなります。

どちらも
前よりも
後ろに

しっかり
腕を引くことを
意識することが
大切です。

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

ウォーキングって素晴らしい

ウォーキングの特長は

何と言っても

手軽に
無理なく
始められることですね。

そして
ストレスの緩和・解消や

脳の活性化にもつながると
言われています。

という私は

ウォーキング
と言っても最初は
散歩でしたが…

昼休みに

職場の周辺を
20分から30分

ただ歩くことから
始めました。

それでも

職場から
外に出て
歩くことで

午前の出来事や
嫌な思いを

引きずらないで
いったん
絶ちきることで

かなり
リフレッシュできてます。

これは
歩くことによる

体のリフレッシュ
だけでなく

脳もリフレッシュ
でき

心の中が
整理でき
スッキリできる
からだと思います。

そして
お天道さんに
当たることで

パワーを
もらったようにも感じられます。

また
調子がよいときには

いろんなアイデアが
浮かんだり

インスピレーションが
降りてきたりします。

もっと
調子がよいときには

目に映る自然
すべての景色
人間の営みに

感謝の気持ちが
わき上がってきたりして

ただ歩いるているだけで
ハッピーな気持ちになれます。

そして
ある程度歩いていると

しっかり足を伸ばして
踏み出し
蹴り出すことで

関節の可動域を
広げることで

ストレッチしながら
歩いているようにもなり
体も心地よく感じられます。

大げさな言い方をすると

外に出て

指先で
しっかり
大地をとらえて

踏み出すことで
生きていると
感じることができ

次に
周囲に目を向けてみると

自然や働く方々に
感謝の気持ちが
わき上がり

生きているのではなく
生かされているんだと

と気づくことができれば

感謝の思いに満たされ

心も体も
軽くなり

とても幸せな気分を
味わえたりします。

さらに

美しく
カッコよく
歩けるようになれば

自信もみなぎり

益々充実感、幸福感が増し

仕事も私生活にも
弾みがつくのではないでしょうか。

そう信じて私は
これからもウォーキングを
深めていきたいと思います。

共に頑張りましょう!

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

O脚の改善(ウォーキング効果)

ウォーキングの効果は
いろいろありますが…
(1/24記事「ウォーキング効果」)

今日は
思わぬ効果というか

あまり考えていなかった
効果として

O脚の改善
について紹介します。

日本人の多くが
O脚だと言われてます。

私もその一人です。

それが
ウォーキングを始めて

フォームもチェックして
歩くようになってから

何と
O脚が改善されました。

何がよかったかと
私なりに分析すると

しっかりと
膝の裏を伸ばして

歩くようにしたことが
一番大きいと思います。

別の言い方をすると

まず
かかとから
踏み出します

そして
しっかりと
体重を乗せていく訳ですが…

この時の膝の向きに注目します。

この重心を乗せる瞬間

このときに

しっかりと
踏み込んだ足の
甲の辺りに

重心を
かけるようにします。

足の甲

腰が

一直線になって

体重がかかった状態を作って
歩くことになります。

ところが

何も
意識しないで
歩くと

たいてい
膝を伸ばさないで
踏み出すので

踏み出した時点で

膝が外側(左足なら膝の左側)を
向いた状態に
なってると思います。

その膝が
外側を向いた状態で

体重が
かかっていくので

さらに
膝が
進行方向に対して

外向きに開いて
歩くことになります。

それを



足の甲
が一直線になって

体重を乗せて
歩くことで
内ももの筋肉(内転筋)も鍛えられ

今まで
外に向いてた膝が
内向きに働いて

実際には
正しい位置で
歩くことになるので

O脚が改善される
という訳です。

皆さんも
歩くときに

膝が
進行方向に対して

どちらを向いているか
チェックしてみて下さい。

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

重みを感じて~つながりを感じて

歩いている姿や
フォームを観ていると

顔の傾き
アゴの角度
腕の振り

腰の位置
骨盤の傾き

膝の角度
足の向き

歩幅
ピッチ
などから

いろんな様相が
観てとれます。

もちろん
個性は個性として
否定されるものでは
ありませんが

その個性により
身体の変調や痛みが
生じるのだとしたら

変調を来さないように
痛みが生じないように
した方がいいでしょうし

人間が
本来持って生まれた機能が
損なわれていたり
使われていない
としたら

これほど
もったいないことは
ないと思います。

見る人が観れば
歩く姿を見ただけで

どこをかばって
歩いているのかは
もちろんのこと

どこを傷めているのか
どこに痛みが生じているのか

一目瞭然なのだと思います。

歩くことで
逆に痛みを感じるということだと

そもそも痛みを感じたところに
疲労がたまっているか

無理をしたか
急激に負荷をかけたか

どちらにしても

歩くことで
健康を害したのでは
たまりません。

しかし
痛みを感じないまでも

その姿勢や歩き方を変えずに
そのまま続けていれば

おそらく
近い将来

痛みを感じる
ことになる可能性が大いにある
とも言えます。

例えば
アゴを上げたり

又は
アゴを引きすぎた状態で
歩けば

頭の重みにより
首から肩にかけての
神経を圧迫することにもなり
肩こりの原因にもなるだろうし

お尻を
後ろに突きだして
骨盤を倒して

歩いていれば

上半身の重みが
腰に

さらには
膝にも影響しかねません。

頭、肩、腰、膝、かかとが

一直線とはなっていれば

その重みが
大地に伝わり

大地の跳ね返りが
前に進む原動力となり

力強いパワーを生み出します。

そのためには
自分の身体の
重みを感じてみるといいでしょう。

頭の重みを
どこで受けているだろうか

腰の重みが
膝から足の甲にかけて

さらには地面に伝わるように
まっすぐになっているだろうかと

チェックしてみるのも
いいでしょう。

身体の後ろのラインが
一直線なって
歩くということは

それぞれが持っている
機能を生かして
歩くということにもつながり

機能を生かすということは
それぞれが
つながって歩くということであり

つながって歩くということは
無駄がないということでもあり

健康的に無理なく
歩くということでもあります。

つながりを感じて
歩くということは

身体だけでなく
大地の引力を感じ
大地の跳ね返りを感じることで

地球とも
つながっていると
感じる瞬間でもあると
言えるでしょう。

たかがウォーキング…
されどウォーキング…

ただ
何も考えずに歩くこともいいですが…

身体の重みを感じて…
つながりを感じて
歩いてみるのもいいものですよ。

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

つながりを感じて歩く

皆さんは歩く時、

頭、首、肩、

腕、肘、

背中、腰、お尻

足、膝…

それぞれに
つながりを感じていますか??

ほとんどの方は
『そんなこと考えたことがない』

何も考えずに歩いていると思います。

ところが、

身体のつながりを感じて
歩こうとすると…

本来持っている
それぞれの機能を
生かそうとする

意識が芽生えます。

これまで意識しなかったことが…

考えもしなかった
身体の一部に…
それぞれの機能に…

意味があることに気づき、
感謝が生まれます。

感謝の気持ちが出て
歩いていると…

歩くことが
楽しくなります。

歩くことに
幸せを感じる
こともできます。

足の運びだけでなく

膝の曲げ伸ばし

腰の動き

腕の振り…

などなど…


人が

本来備わっている
機能を
生かして

歩こうと
心がけることで

効果的な運動となり…
心と体の健康にも
つながると思います。

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

腹筋を鍛える

腹筋を鍛えるには

何も腹筋運動に限ったことではありません。

ウォーキングを

腹式呼吸しながら行うことで、

腹筋は十分鍛えられます。

例えば、

ウォーキングしながらとか

サイクリングしながらとか

歌を口ずさむ

本当なら大きな声で歌いたいところだけど

声に出さなくても、口パクでもOK!

腹筋を意識しながら
(腹式呼吸で)

声を出さずに歌いながら…

さすがに口の動きがわかる距離に

他人がいるときは避けた方がいいかもしれませんね(笑)

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

頑張っている君へ…

今日もお疲れ様~

今日もよく頑張ったね~

働いたね~

辛いことはなかった??

きついことはなかった??

いたたまれなくなったんだね~

辛かったね~

それでも君はよく耐えたね~

今日もよく動いたね~

今日もいろいろ考えたね~

今日も頑張った

君の足に…
『頑張った』『頑張った』『ありがとう!』

君の手に…
『頑張った』『頑張った』『ありがとう!』

君の頭に…
『頑張った』『頑張った』『ありがとう!』

君の体に…
『頑張った』『頑張った』『ありがとう!』

君の心に…
『頑張った』『頑張った』『ありがとう!』



テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

プラス言葉〈どんな時も〉

思いが言葉に…

言葉が行動に…

行動が習慣に…

習慣が性格に…

性格が運命に…

だからこそ、
ブラスの言葉を
積極的に口に出しましょう。

どんな時も
口に出してほしい言葉。

私は…
『できる』
『やります』
『挑戦します』

『元気、勇気、感謝、感激、感動、ありがとう』

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

プラスの言葉〈愚痴っぽくなってきた時〉

思いが言葉に…

言葉が行動に…

行動が習慣に…

習慣が性格に…

性格が運命に…

だからこそ、
ブラスの言葉を
積極的に口に出しましょう。

愚痴っぽくなってきた時こそ
口に出してほしい言葉。

私は…
『うれしい』
『楽しい』
『満足だ』
『安心だ』
『健康だ』
『幸せだ』

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

プラスの言葉〈自信をなくしている時〉

思いが言葉に…

言葉が行動に…

行動が習慣に…

習慣が性格に…

性格が運命に…

だからこそ、
ブラスの言葉を
積極的に口に出しましょう。

自信をなくしている時こそ
口に出してほしい言葉。

私は…
『強い』
『すごい』
『得意だ』
『上手だ』

『優れている』
『すばらしい』
『さすがだ』
『信念がある』

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

プラスの言葉〈自分が嫌になった時〉

思いが言葉に…

言葉が行動に…

行動が習慣に…

習慣が性格に…

性格が運命に…

だからこそ、
ブラスの言葉を
積極的に口に出しましょう。

自分が嫌になった時こそ
口に出してほしい言葉。

私は…
『明るい』
『素敵だ』
『大好き』
『おもしろい』

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

プラスの言葉〈辛くなった時〉

思いが言葉に…

言葉が行動に…

行動が習慣に…

習慣が性格に…

性格が運命に…

だからこそ、
ブラスの言葉を
積極的に口に出しましょう。

辛くなった時こそ
口に出してほしい言葉。

私は…
『がんばる』
『踏ん張る』
『持ちこたえる』
『陽はまた登る』

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

プラスの言葉〈やる気が出ない時〉

思いが言葉に…

言葉が行動に…

行動が習慣に…

習慣が性格に…

性格が運命に…

だからこそ、
ブラスの言葉を
積極的に口に出しましょう。

やる気が出ない時こそ
口に出してほしい言葉。

私は…
『前向きだ』
『積極的だ』
『行動的だ』

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

プラスの言葉〈行き詰まった時〉

思いが言葉に…
言葉が行動に…
行動が習慣に…
習慣が性格に…
性格が運命に…

だからこそ、
ブラスの言葉を
積極的に口に出しましょう。

行き詰まった時こそ
口に出してほしい言葉。

私は…
『正しい』
『大丈夫』
『簡単だ』
『まったく問題ない』
『自信がある』
『やれる』
『道は必ず開く』

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

プラスの言葉〈疲れた時〉

言葉には
不思議な力があるとされています。

いわゆる『言霊』と呼ばれ、

口に出した言葉どおりの結果が
具体的に
現れてきたり…
引き寄せたり…

マザー・テレサの言葉に

「思考に気をつけなさい、
それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、
それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、
それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、
それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、
それはいつか運命になるから。」

思いが言葉に…

言葉が行動に…

行動が習慣に…

習慣が性格に…

性格が運命に…

だからこそ、
ブラスの言葉を
積極的に口に出しましょう。

疲れた時こそ
口に出してほしい言葉。

私は…
『元気だ』
『気力がある』
『充実している』

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

その場で手軽にストレッチ

歩き疲れたときや
立ちっぱなしのときに

無理せず、ちょっとひと息

その場で
足を交差して

膝裏を伸ばすようにして
上体を倒す(前屈する)と

足の疲れが取れますよ。

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

階段で手軽にストレッチ

何気なく上っている階段も
ストレッチ器具に早変わり??

私の場合
階段を上がる時に

時々

土踏まずのところを
階段の角に当て

かかとの沈みに反して
垂直方向に
上体を伸ばそうとする力を
利用し

アキレス腱や膝裏の
ストレッチを行っています。

その他にも

階段を上るときに
つま先ではなく
かかとから

踏み出すように
膝裏を伸ばすようにすると

自然に
背筋が伸びます。

椅子に腰かけた時に

背中が
曲がったようになる方は

背もたれ側に
深く腰かけるのではなく

椅子の手前側に
座るようにすると…

やはり
背筋が伸びますよ。

でも
階段や椅子を使っての
ストレッチは

転倒、転落の危険もあるので
転ばないよう

階段の場合は
手すりにつかまりながら
行ってもいいし

椅子の場合も
バランスが崩れたときに

何かつかまれるようなものが
ある所で行うといいですね。

但し、キャスター付きの椅子は
特にバランスを崩しやすいので
避けましょう。

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

プロフィール

tcafee

Author:tcafee
FC2ブログへようこそ!
健康運動実践指導者、ウォーキングインストラクター、アシスタントカラーコーデネーターのタカフィーです。
大学では、心理学を学び、他には、衛生管理者試験にも合格。
ブログを通して「心と体の健康」について考えてもらうきっかけになれたらと思っています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新コメント