FC2ブログ

一本の線上を歩く

マラソンの
元オリンピック選手で

現在
東海大学名誉教授の
宇佐美彰朗さんは

『特に健康増進や
体力要請などを
目的として歩行する時、

あるいは筋力を
貯えようと考えた時には、

一本の線上を歩きましょう。』
とおっしゃっています。

また
『一本の線上を歩くことによって

「腰」と「肩」の線が
左右交互に入れ替えられて、

一歩歩みを進めるたびに
お腹にヒネリの刺激加わる…』
ことが重要だと

『からだに効くウォーキング』
(山海堂)
に書かれています。

そこで、実際に
一本の線上を歩いてみると

かなり
バランスを崩します。

私の場合

それほど
違和感を感じなくなるまで

3か月以上
かかりました。

今でも
足の外側

小指側に
重心が流れるように感じます。

でも
大切なことは

足裏で

上下左右のバランスのズレや

右足と左足の歩き方の違いを

感じることだと思います。

そして
それらのズレや違いを感じて

調整しようとする中で

バランス感覚や筋力が養われていく
のだと思います。

最初は
かなり歩きにくさを感じると思いますが

是非続けてみて下さい。

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

「やる」と決める

「やれること」をやろうとやってると、「やれること」しか出来ず、「やれること」すら出来ない。
しかし、「やる」と決め、「やれること」は何かと考えてやってみると、「やれること」以上のことが出来る。そこに成長、発展がある。

テーマ : ひとりごと - ジャンル : ライフ

発起~継続

さぁ~始めよう~と一念発起しても
3日坊主となったことは数知れない

その訳は…と考えてわかったことは…

「人は必要に迫られないと本気にならない」
ということ。

そして、「楽しくなければ続かない」
ということ。

仕事も自己啓発も健康のための行動も

自分なりの楽しみ方を見つけよう!

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

美しく歩く…

歩く姿が
キレイだなぁとか
カッコいいなぁと思える

歩き方って
どこが違うのだろう??

それって
もしかして
いろいろあるのかも
知れないけど…

わかったことは

着地するときの前足と
踏み出すときの後ろ足の
膝の裏が伸びてること。

特に
身体を支えてる後ろ足の
膝の裏が伸びていると
キレイに見えます。

踏み出す方の足は

しっかり後ろ足に
重心が乗ってることで

力が抜けて
リラックスした状態となると

膝が曲がって〈
身体を支えてる後ろ足とで
三角形△
を作るように

膝から前に出て

膝を伸ばして

かかとから着地する
ということも

キレイで
カッコよく
見せる要素。

それと、
かかとから踏み出した足に
しっかりと重心の乗せ

ほんの一瞬止まって

次の動作(反対側の足を出す)
に行く前に

タメを作ること

すると…
美しく見える

自分の歩く姿が見える
鏡のある所なので

試してみてはどうですか?

テーマ : **暮らしを楽しむ** - ジャンル : ライフ

意識して歩くシリーズ(後ろ足)

かかとから踏み出すこと、

踏み出した足に
しっかりと重心を乗せることが

大事だという話をしましたが…

踏み出す足に
しっかりと重心を乗せるためには

踏み出す足ではなくて

後ろの足も大事です。

しっかりと
健康的に美しく歩くためには

かかとから踏み出し
足裏全体で
しっかりと地面をとらえて

つま先(親指)で蹴る
という動作が必要です。

このつま先で蹴り出すことで
かかとから踏み出し

しっかりと前足に
体重を乗せることができます。

つま先で蹴り出すときには
既に上体が前に進んで

かかとから踏み出して
親指が地面につく頃には

後ろ足の力が抜けて
リラックスした状態になるといい。


しっかりと踏み出すためにも
後ろ足
→あとの足

つまり
『足あと』も大事だ
と覚えるといいね。

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

意識して歩くシリーズ(かかと)

歩くとき
「かかと」から踏み出す
(着地する)
といいと言われてます。

ところがそもそも
「かかと」から
踏み出そうとすると

踏み出そうとした足
例えば
左足から
踏み出すとすると

後ろ足である右足も
「かかと」に
重心が残っていたりすると

身体全体が
後傾になってしまいます。

これを修正しようと
前傾気味に
踏み出そうとすると

今度は
上半身と左足が前に出て

お尻だけ
後ろに突き出たような

まさにカッコ悪い
歩き方になってしまいます。

これを解消するためには…

踏み出した足に
しっかりと重心を乗せること

踏み出した足に
腰も乗せる感じ

腰から下が足だと思って
しっかり足を乗せることです。

すると…
自然に後ろ足に重心が残ることなく

後ろ足が
浮く感じになるはずです。

くるぶし、膝、腰、肩、耳が
一直線になると

美しい歩き方
膝や腰を痛めない健康的な歩き方が
できるようになります。

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

バランスを感じて…

皆さんは
立ったとき
どこに重心が乗ってるか
意識したりしてますか??

たいていの方は
意識してないですよね~。

私の場合
まず普通に立った状態で
『かかと』
に重心がかかってきがちです。

そのことを気づかされたのが

ある有名シューズメーカーの
ショップで

足の圧力分布を
測ってもらった時のことでした。

なんと
つま先にはほとんど圧力が
かかっていなくて

物の見事にかかと重心

しかも

左足に
圧力がかかっていました。

ホームで電車を待っている時、
信号待ちしている時など

自分の重心がどこにかかっているか
確認するといいですね。

どこに重心がかかっているか、
よくわからないという方は

靴底の減り具合で確認できます。

重心が偏っているということは、
それだけ一部(膝や腰など)に
負担をかけていることにもなり、

それが痛みにもつながりかねません。

バランスを感じることが
健康の維持にもつながることにもなります。

テーマ : 日々の暮らし - ジャンル : ライフ

ウォーキング効果

ウォーキングの効果としては

大きく
身体的効果と
精神的効果
があると言われてます。

この内、
今回は
身体的効果について
考えてみたいと思います。

ウォーキングすることで
効果があるとされているのは

体力向上、
心肺機能向上、
足腰強化
のほか、

ダイエット、
生活習慣病の予防
などです。

具体的には

肩こりや腰痛、
高血圧の改善や
冷え性の克服、
肥満の解消などのほか

血行の促進や
新陳代謝が活発になることで

美肌効果や
美脚効果なども
あると言われています。

しかし、

これらの効果も
正しい姿勢と
正しいフォーム、

ある程度の時間
(最低でも1日20分、
できれば1時間)

しかも
継続(最低でも週4日以上)
して

2か月、
できれば3か月以上
行いたいものです。

この2か月から3か月
なかなか目に見えて
効果が現れないかもしれません。

しかし、その期間を乗り越えると
効果も現れてきます。

なんと言っても、
ウォーキングが習慣となります。

すると…
ウォーキングが楽しくなってきます。

ただし、
特にダイエットや
生活習慣病の予防も
考えている方にとっては

食生活の改善も大切です。

『今日はたくさん歩いた』
と言っても

歩いた以上に食べれば

つまり

運動量より食事量が
上回っていれば
効果はありません。

そういう私も

一時、
スイミングをしていた時期
がありました。

スイミングをすると
お腹が空くので

運動した帰りによく
コンビニで

アイスクリームを買って
食べてました。

肩こりの解消にはなりましが、
体重は
まったく減りませんでした(笑)

気をつけましょう。

いろんな国のありがとう!

メルシー(仏)
コマウォ(ヨ)・カムサハムニダ(韓)
コマスムニダ(韓)
ダンケ(独)ダンケッシュ ダンクゥ(オ)
エフハリストー(ギ)
グラーシアス(西)
謝謝(中)
オブリガード(女性は末尾ダ)(ポ)
スパシーバ(露)
グラツィーエ(伊)
テリマカシ(インドネシア)

どの国の言葉も「ありがとう」の言葉はいいですね。
それでもやっぱり日本の「ありがとう」の言葉の響きが一番好きです。

↑の世界の読みかたが間違ってたらすいません。
他の国の言葉もわかったら追加していきます。

どなたかわかったら、教えて下さい。

テーマ : 日々の暮らし - ジャンル : ライフ

雪みちの歩き方

関東では4年ぶりの大雪だそうです。

慣れない雪みちを歩くと、転びやすくなります。

普段の歩き方ではない、雪みちの歩き方をしなければなりません。

大切なことは、

まず、①歩幅を小さくすること

次に、②靴の裏全体で道を踏みながら(足裏全体で圧を感じるように)歩くこと

→かかとから踏み出さない(垂直に足を置く感じ)

→やや重心を前におく(気持ち上体を前に)
→重心がどこにあるか意識する

また、③地面から足を上げすぎず、少し足を浮かせる程度に歩くこと(ペンギン歩き)

→足は垂直に少し上げ、垂直に下ろす

さらに、④マンホールや側溝のふた、横断歩道の白線などはとても滑りやすいので、できれば避けて歩くこと

→避けられない場合は滑るかもしれないということを意識して、特に慎重に、ゆっくり歩くこと(危険予知)

他には、滑りにくい靴を履くこと
→靴底に取り付けるタイプのゴムマットを履く

できれば、両手がフリーとなるよう、できるだけ荷物は持たないこと

時間にゆとりを持って行動しましょう

テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報 - ジャンル : ライフ

意識して歩くシリーズ(歩幅)

歩幅はやっと歩きはじめた赤ちゃんの時から段々と成長するにつれ、歩幅が広くなります。

ところが、その歩幅が…

今度は加齢とともに、足腰が弱くなり…
いつのまにか歩幅がせまくなってきます。

すると…
歩く姿勢がくずれ、
膝を痛めたり、腰を痛めたり…

転びやすくなって…
手をついたり、腰を打ったり…

骨折したりすることにもなりかねません。

そこで意識してほしいのが…

歩幅です。

歩幅をできるだけ広く取るように心がけましょう!

最初は気持ち広く、段々と歩幅を広げていきましょう!

すると…
歩くだけで、足腰が鍛えられ…

転ばない体、健康な体を維持、取り戻することもできます。

意識して歩くシリーズ(呼吸)


何気なく行っている呼吸。
その呼吸も意識して歩くことも健康にはとっても大切です。

その呼吸には大きく、胸で息をする「胸式呼吸」とお腹で息をする「腹式呼吸」がありますが、

「腹式呼吸」がお勧めです。

「腹式呼吸」をマスターすることで、内臓の働きが良くなる、インナーマッスルも鍛えられるなどたくさんの利点があります。

そして、呼吸するときのアゴの位置にも注目したいですね。

そのアゴの位置ですが、
呼吸を意識して歩き、一番呼吸がしやすい位置を見極めるといいですよ。

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

意識して歩くシリーズ(腹筋)

同じ歩くにも、ただ何も考えずに歩くのと、
何かを意識して歩くのとでも健康にもダイエットにも積もり積もれば効果が雲泥の差となります。

例えば、腹筋を意識して歩くと、心地よい腹筋の痛みを感じることができます。

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

歩くということ

「歩」くという字は、「止」まるが「少」ないって書く。「止」まるな!でもない。「止」まっていいんだよ…たまには「木」の下で、「休」んでいいよ。でも少しずつでもいいから進もうね。

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

健康のために最も大切なこと

健康になるために最も大切なことは
いつも健康を意識すること

体重計にのる習慣がつくだけでもダイエットが進んだりするのは、自分の体重を意識する時間があるから、この意識が食生活の改善、ちょっとした運動習慣にもつながり、ダイエット効果も生まれる

健康も同じ

健康になるためには、まず健康を意識することからはじめましょう!

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

プロフィール

tcafee

Author:tcafee
FC2ブログへようこそ!
健康運動実践指導者、ウォーキングインストラクター、アシスタントカラーコーデネーターのタカフィーです。
大学では、心理学を学び、他には、衛生管理者試験にも合格。
ブログを通して「心と体の健康」について考えてもらうきっかけになれたらと思っています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新コメント