究極のウォーキング

究極のウォーキングとは何か?
と考えたときに、

私が思うには

「人間にもともと備わっている機能を
最大限に活かすこと」

に尽きるのではないかと思っています。

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

いろんなウォーキングの楽しみ方

ウオーキングイベントに
参加した時の話です。

各参加者には
書き込み式のゼッケンが渡され

後ろ(背中)側に

「名前」、
「どこから(来たか)」、
「(参加する)コース」のほか、

「一言メッセージ」
を書くことになっていたのですが…

そこには

最後まであきらめず歩く
「完歩」のほか

景色や花などを楽しむ
「観歩」

歩くことを歓ぶ
「歓歩」
など

同じ「かんぽ」でも
いろんな漢字を当てた
「かんぽ」のメッセージに感動しました。

「感歩」
は見つけられませんでしたが

ひょっとしたら
どなたか
書いてらっしゃった
かもしれません。

他にも

「楽歩」

「笑歩、歩(ふ)、歩、歩」

「ただ(ひたすら)歩く」

などなどユニークなメッセージに
感心、関心、歓心しました。

「遊歩」なんかも
あってもいいかもしれませんね。

皆さんも
いろんなウォーキングを
楽しんでみて下さい。

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

女性特有⁉腕振りウォーキング

歩くときの
腕の振りに
注目してると

女性特有の
腕の振り出しに
気がつきました。

それは
一般的な腕の振りは

まっすぐ前に振り出し
体の側面を通って
そのまま
まっすぐ後ろに引く

前に振り出した腕は
その角度を保ち
そのまま
後ろに引きます。

つまり
左右の腕の軌跡が
「平行」
になっていると思います。

ところが
女性によく見られるのが

後ろへの腕振り(腕引き)が
体から離れるように
斜め後ろに引きます。

ちょうど
左右の腕振りが
お腹の前で交差し

その軌跡が
「エックス」
となるように動かしています。

男性で
このような腕振りを見ることはありません。

なぜ、女性特有なのか?
筋肉の付き方や骨格の違いからくるのか?

これから研究してみたいと思っています。

どなたか、ご存知の方がいらっしゃれば
教えて下さい。

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

年齢を重ねて…ウォーキング

お年寄りの
歩き方の特徴として

一般的には
歩幅(ストライド長)が
狭いこと

膝を伸ばさずに
少し膝を曲げた状態で
すり足気味に
歩くということについて

昨日の
「お年寄りウォッチング」
の記事で触れました。

その他にも
歩幅(ストライド長)が
狭くなるのに加え

歩隔
(ステップ幅
左右の足の間隔)が

中心線より
離れていく歩き方に
なります。

赤ちゃんの歩き方を
想像してみて下さい。

赤ちゃんは
左右の足の間隔(横幅)が
広く

前への足の運び(歩幅)が
狭いという
特徴がありますよね。

つまり
年齢を重ねる
(加齢)とともに

赤ちゃんの歩き方に
戻ってしまうのです。

それは加齢とともに
筋力が衰え
バランス感覚が衰えてくるため

転倒を防ごうと

歩幅を狭く
歩隔を広く

取るようになるためと
思われます。

そのことで
転倒しなければ
いいのですが…

歩幅を狭く
歩隔を広く取るだけでは

筋力やバランス感覚の衰えを
補えなくなくなります。

そうならないためにも

普段から
歩幅を広く
歩隔を狭く

一本の線上を歩くよう
心がけましょう。

そして
ウォーキングなど
適度な運動の継続により

筋力とバランス感覚の
維持・アップを
目指して

年を重ねても
健康的な歩き方が
出来るよう頑張りましょう。

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

お年寄りウォッチング

お年寄りの
歩き方を見てると

一般的には
歩幅が狭いこと

膝を伸ばさずに
少し膝を曲げた状態で
すり足気味に

歩いているように
見えます。

実際には

膝を伸ばす
役割を持つとされる筋肉
(大腿四頭筋 太ももの前側)

足先を上げる
役割を持つとされる筋肉
(前脛骨筋 向こうずね)

太ももを上げる
役割を持つとされる筋肉
(背骨と両足をつなぐ 大腰筋)
などが

年を重ねて
お年を召してくると

弱ってくるため

膝を伸ばすことや
歩幅を広く取ることが

難しくなると
言われています。

このことで
つまずきや転倒などにより

ケガを
起こしやすくなります。

逆に言えば

これらの筋肉を
鍛え続けることで

ケガを防ぐことが
できるだけでなく

いつまでも
自分の足で
歩くことが
出来ると思います。

ただ
筋力アップは

数日、数回行っただけで
出来るものではありません。

やはり
継続が大きなポイントです。

若い時から
これらの筋肉を

継続して
鍛えておくことが
大切です。

そして

これらの筋肉を

無理なく
気軽に
鍛えられるのが

ウォーキングなので

是非
若い時から

ウォーキングの習慣が
つけられるといいですね。

テーマ : 心と体にいいことはじめよう! - ジャンル : 心と身体

プロフィール

tcafee

Author:tcafee
FC2ブログへようこそ!
健康運動実践指導者、ウォーキングインストラクター、アシスタントカラーコーデネーターのタカフィーです。
大学では、心理学を学び、他には、衛生管理者試験にも合格。
ブログを通して「心と体の健康」について考えてもらうきっかけになれたらと思っています。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
最新コメント